「未分類」カテゴリーアーカイブ

映画『ちはやふる』

映画「ちはやふる 上の句」を観る。
広瀬すずのポスターに吸い寄せられるように見たのだけど、思いの外楽しめた。

この映画の何が良いのか、自分なりに分析してみる。
1. ストーリー性
大まかに言うと、カルタ繋がりの幼馴染3人が離ればなれになるが、高校生になって再会し再びカルタへ青春を捧げるというストーリーを、テンポ良く美しいカメラワークで追う。
千早(広瀬すず)は、高校で競技カルタ部を立ち上げる。学校公認の部活動ということで5人の部員集めから四苦八苦する。そこへ千早に密かに想いを寄せる幼馴染の太一(野村周平)が助太刀をし、個性的なチームをかき集める。
また、遠くに暮らす新(真剣佑)も、千早と太一を思いつつカルタの腕を磨いていたが。。。

2. チームワーク
競技カルタってもっと優雅で上品なものかと思っていたら、あんなに体育会系の勝負とは知らなかった。特に団体戦なんて、すごいですね。
同じ5人で戦う、柔道や剣道と同じノリ、
それを個性的な5人で、東京予選を勝ち上がっていく。決勝は、優勝常連の強豪校だけど初出場で優勝し、全国大会への切符を手に入れる。
特に、太一は勝負運に見放されていた運命戦をものにし、優勝する。

3. 青春真っ只中の明るさ
いやー、皆若くて元気いい。特に、千早(広瀬すず)は可愛い。びっくりするほど可愛い。
千早に想いを寄せる太一も素直だし、何と言ってもメガネ姿の新がクールでハンサムで、おじさんは歳を忘れて引き込まれてしまいました。

次回作「下の句」では、新がなぜカルタを止めたのか、かるたクィーン若宮詩暢(松岡茉優)の登場と、大いに期待できそう。
すっかり、はまってしまいました。

ちはやふる

“競技かるた”に懸ける少女の≪情熱・夢・恋≫を感動の二部作で描く、青春超大作!感動の二部作、ついに完結―

情報源: 作品紹介|映画『ちはやふる』公式サイト

007 Spectre

007 Spectreを二回見る。ちなみに Spectorではなく、英国式に Spectoreである。

いやー、Daniel Craigの James Bondは格好いい。007は彼じゃなくちゃね、と勝手に思っている。

今回も、冒頭からド派手なアクションで、世界各地を転々とする。
Mexico, Rome, Austria, Morocco, そして Londonと、あたかも世界旅行をしているかのよう。
ちなみに、後日 SkyFallを再度見たら、
アフリカのどこか?、上海、Macau, Macau付近の孤島、London, Scottlandかな?
話は逸れるが、この時のマカオが魅力的で昨年、一人で旅してみました。

詰まるところ、 007シリーズの魅力って、以下の要素があると思う。
1. スパイもの特有のサスペンスストーリー、
2. 肉体を使った派手なアクション
3. 世界旅行をしているかのようなロケ
4. 魅力的な女性(Bond Girl)
何という、Lea Seydouxの美しさ
5. カーチェース・アクション
6. 銃をはじめとしたスパイ・ガジェット

特に、Daniel Craigは歴代の James Bondになかった肉体派アクションが最高ではないかと思う。
今までの James Bondは、身長が高い中年紳士で自らの肉体を使うよりも銃に頼るイメージが強いですが、Daniel Craigは 178cmでそれほど高くないのにあの肉体はお見事、男でも格好良いと思う。(Wikipediaで調べたりすると、興味深い情報いっぱいです。)

情報源: ストーリー – Spectre

県道157号

恐らく今年最後のサイクリングを楽しむ。お気に入りのコース長野県道157号線である。
この道は wikipediaによると、「長野県北佐久郡御代田町豊昇と北佐久郡軽井沢町のしなの鉄道中軽井沢駅を結ぶ」とある。
だが、自分がサイクリングで楽しむのは、発地、茂沢、豊昇のあたりである。
この辺は車の往来も少なく、広い山の中の県道を我が物顔で自転車で走行できる。アップダウンもあるにはあるが、まあ、体力試しには程よい勾配である。

我が家は、追分にある。そこから信濃追分に下り、発地方面に行き、県道157号線にぶつかったら西へ進む。
茂沢から豊昇と、軽井沢から御代田へ移動する。豊昇を過ぎると佐久平パラダに向かい、北へ大きく進路を変える。御代田町に戻り、必ず雪窓湖に立ち寄る。ここで自転車を降り歩いて、徒歩で軽く一周した後、更に北に向かい用水路にたどり着く。ここで再び、自転車を降り歩いて用水路ほとりを歩く。

用水路を満喫した後は、再度北上し追分を目指す。
都合、約30km, 2.5時間の貴重なエクササイズである。
今年夏にこのコースを開拓してから、今年は月平均二回ほど、都合7,8回走破したか、誠に良いコースだと思う。