Seoul 4th day in 2018

ソウル四日目(最終日)
12:30のフライトで帰国するので、余裕を見て3時間前、9:30にはホテルをチェックアウトしたい。
朝食を、例の小公粥店に三日連続で食べに出かける。初日、二日目と-13度ほどだったが、三日目最終日は -5度ほどと随分と暖かく感じた。韓国の交通について記しておきたい。

交通について
ソウルの玄関口は、仁川国際空港と金浦国際空港の2つがある。仁川は新しく規模が大きいが、ソウル市内から少し離れている。それに比べて、金浦空港は仁川空港ができる前からのソウルの玄関口であり、ソウル市内に近い。
日本で例えれば、金浦は羽田であり、仁川は成田である。台湾で言えば、松山は羽田であり、桃園が成田であるのと同じように。
空港からソウル市内への移動は、地下鉄(5号線、9号線)でも行けるが、空港鉄道(Airport Railway)が非常に便利である。金浦空港からソウル駅まで、地下鉄で約1時間かかるが、空港鉄道ならば約20分で着く。しかも、値段がさほど変わらない。
初日、金浦空港からソウルへ入った時は余裕がなくて地下鉄を使ったが、最終日は空港鉄道を利用してみる。すると、その差は歴然としていて、次回から空港からソウル市内への移動は空港鉄道を忘れずに利用したい。

切符は、基本的に、空港鉄道、地下鉄、バス共通で利用できるようだ。
一回券を都度買ってもいいが、紙の切符が廃止されプラスチックの切符を払い戻す手間が面倒くさい。その点、T-mobileなる電子マネーカードなら金額をチャージできるので、慣れるまでは少し抵抗があるが、非常に便利である。

台湾にせよ、韓国にせよ、交通料金が非常に安いのは、外国人旅行客にとって非常にありがたい。
それに比べて、日本は交通料金が非常に高く、鉄道会社毎に切符がバラバラなのは、外国人にとって負担が大きくわかりづらいのではないか??

最後に、お粥について
韓国では、お粥を薬のように扱うらしい。体調がすぐれないときに、病み上がりに、貴重な食事であるそうだ。
今回見つけた「小公粥家」は、ソウル市庁の近くにある。朝8:00から営業していることもあって、ホテルから毎朝通った。ソウル二日目の朝に食べたのはウニ粥(18,000won)、三日目と最終日の朝に食べたのはカニ粥(12,000won)である。値段は安くないが、その値段に値する味は今回の大収穫であった。大きめのどんぶりに、熱々に沸騰した状態で出てくる。その美味しいことは、何とも筆舌に尽くしがたい。また、食べながら、身体の内部から嬉々とエネルギーが湧いてくるような気がするのは気のせいだろうか?自分同様、日本人観光客が朝から食事をしていたのは当然であろう。
高麗参鶏湯同様、次回も絶対通いたい店である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です