Seoul 2nd day in 2018

ソウル二日目、簡単にこの日の行動を記す。
朝、ガイドで見つけたお粥専門店に行き、朝食を摂る。
手持ちの現金が心もとないので、日本円を韓国ウォンに換金に明洞へ行く。
その後、会社同僚のAさん一押しの「明洞餃子」を食べに行く。明洞餃子の看板メニューは、、にゅー麺(うどんとそーめんの中間位の太さ)の上に餃子4個とそぼろが乗った、日本でいうワンタン麺みたいな麺である。味は、ソウルフードにしては珍しく控えめな味で、なるほど美味しい。
明洞を散策後、仁徳洞へ徒歩で移動する。このルートは、前回二年前に何度か行き来した道なのでほぼ迷うことはない。
仁徳洞は、古物民芸品などの土産物を扱う店の多い地域である。明洞が、日本で例えれば新宿、渋谷、原宿みたいなのに対し、仁徳洞は鎌倉みたいなところか?(例えがあまり上手でない?)
厳冬期のこの時期、さすがに客足は少なかった。ふらりと入った伝統工芸品を扱う土産物屋で、面白い卓上屏風を見つけ、その趣ある絵に惹かれ買ってしまった。また、モダンアートを扱いそうなお洒落なギャラリーに立ち寄って、安い絵を三枚ほど買ってしまった。免税店で30,000ウォン以上の買い物をすると、何%かの還元があるらしく、レシートとパスポートを近くの Refundの看板がある場所に差し出すと、出国時に現金が戻ると説明を受けた。
夜は、お待ちかねの焼肉を食べに明洞に繰り出す。ただし、あらかじめ調べておいた店が見つからない。1時間ほど、明洞の中を彷徨ったが、結局見つからなかった。仕方ないので、前回食べたことのある店を訪ねたが、トゥクシムハムという名前に変わっていた。ただし、この店も、肉の質ではどこにも引けを取らない。3種類の牛肉盛り合わせを頼んだが、最低二人前かららしく、一人で400g二人前に挑戦することになった。女将が、肉を丁寧にはさみで切って焼いてくれるのをどんどん食べて行く。途中から、その量に苦しくなったが、何とか完食した。
うーむ、焼肉は明日の新村にも期待しよう。

TVを見ていて気が付いたのだが、ニュースか何かで赤ちゃんのお尻にモザイクがかかっていた。日本であれば、赤ちゃんのお尻くらい写しても自然に受け止めるのに、所変われば性の認識が違うのだと、妙に納得してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です