Seoul 1st day in 2018

久しぶりに、ソウルにやって来た。
2年前のソウルも2月で、寒さの厳しい時期だった。あの時は、約1週間ほぼホテルを転々としながら、何処へ行くでもなく、ソウルの街をぶらぶらしていた。
恐らく、今回もそんな感じで、特に目的はない。いや、目的がない訳ではなく、「食べる」ことを目的とするつもりである。
前回は、焼肉、スンドゥプ、参鶏湯など、韓国ならではの食事を満喫したが、今回も同じくソウルフードを満喫しようと思う。

冬の寒い時期になると、特に参鶏湯が恋しくなる。いや、もう参鶏湯食べたさにソウルに足を運んだといっても過言ではない。前回見つけた、高麗参鶏湯で本場の参鶏湯を堪能するとしよう。

さて、初日の今日は、久しぶりの韓国ということで、忘れかけていた韓国(ソウル)旅行のポイントを書いて見る。

1. 寒さ対策
ソウルの冬の寒さは、とても厳しい。初日、二日目と昼間の温度は、-12,3度であった。三日目こそ、-5度ほどだったが、それは雲が厚く垂れ込め、雪が舞っていたからだった。
厚手のダウンコート、冬山登山用のズボン、ヒートテック下着、厚地パイルの靴下、マフラー、手袋はもちろんのこと、ニット帽子とフェイスマスクがあると良い。普段、ベースボールキャップしか被らない私は、いたたまれず、ニット帽子を買い求め、冷たい空気に晒された耳を覆う必要があった。その他に、カイロ、滑りにくい靴など、厳冬期の北国を旅する工夫に枚挙にいとまがない。

2. 為替レート
1韓国ウォン(w)は、日本円(¥)の約10倍である。すなわち、10w=1¥
韓国ウォンをどこで調達するか?下調べをする暇もなく出発直前にずいぶん悩んだが、確か日本国内より現地の方が為替レートが良かった気がして、それに賭けて見た。
到着して見て、やはり正解。更に、以下の順番で為替レートがよい。
1. 街中の外貨交換所
2. ソウル空港内の交換所(ただし、銀行の場合もある)
3. ソウルの銀行
4. ソウルのホテル
5. 日本国内

今回、ソウルの空港内の交換所と街中の外貨交換所で換金してみたが、前者が 88,500w/10,000円に対し、後者は 96,500w/10,000円だった。特に、為替レートがよいのが、明洞の(中国)大使館前の交換所。大体の街中の交換所は手数料0で、出発前に日本で換金するのが、馬鹿らしくなってくる。

3. WifiとGoogle Map
韓国に限らず、Wifiルーターとスマートフォン(正確には Google Map)があれば、地球上どこでも迷わない。
Wifiルーターも日本国内で借りるよりも、現地空港で現地キャリアのものを借りる方が経済的である。
今回は、LGで 4日間3600円ほど、他と比較すればもっと安いものがあったかもしれない。
韓国、台湾などの IT先進国では、街中どこでも Free Wifiが溢れているが、念のための保険は必要である。
また、滞在ホテルも Wifiサービスの有無で決めた方がよいが、多くのホテルがこれに対応しているように思える。
一点、気になるのはセキュリティ対応。今回、自分は自宅に VPNを張ってInternet接続しているので、相手先にとって日本国内から接続しているように見え、まさか海外からのアクセスとは見えまい。

ホテルはソウル市庁近くの Koreanaホテル、前回見つけたお気に入りのホテルである。
明洞にも南大門にも歩いて行け、それでいて落ち着いた場所にある。(時々、ソウル市庁前でデモなどあり騒然とすることもないではないが)また、現在、平昌オリンピック前でソウル市庁前にはスケートリンクがあり、オリンピックまでのカウントダウンをしていた。
初日は、空港からソウルへの移動に手間取り、何とかホテルにチェックインしたら、すっかり疲れてしまった。
それでも、昼食に高麗参鶏湯にありつき、南大門まで散歩する。南大門市場は相変わらずの人だかりである。
夕食は、全州中央会館で、マッコリと石焼ビビンバを食べた。この店は、石焼ビビンバを考案した元祖であるが、明洞の非常に分かりづらい狭い脇道にあった。しかし、その味は抜群、美味であった。

とりあえず、今日はここまで。
久々のブログ更新は、これ位のトピックがないと踏み出せなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です