映画『ラ・ラ・ランド』

映画「ラ・ラ・ランド」を観る。
正直言って、私はこの手のミュージカルが本来は好きでない。あのしらじらしい表現が鼻に付くのだ。
ただ、本作は予告編から、平均的なミュージカルではないと直感していたので、観ることにした。
Ryan Gosling, Emma Stoneというキャストも、それを予感させていたし、結果的にこの予想が当たることになる。
以下、ネタバレ含む。

周りに評価されず意固地に理想を追い求めるジャズピアニストの Sebと、これまた売れない女優の卵 Miaが、出会ってからの数年を、プロローグ冬、春、夏、秋、五年後の冬の五章仕立てで見せる。

最初はいがみあっていた二人が互いに惹かれ、それぞれの夢を語り、互いに励まし合う。
Sebが安定した収入を得ようと Jazzを捨てて Popミュージックに転身しようとすると、Miaが激しく非難する。
Miaも幾つものオーディションに落ち、自作自演の演劇で観客の反応に傷つき女優の道を諦めようとするが、Sebに大いに励まされ幸運を掴む。
そして、二人はそれぞれの夢を実現することを選び、五年後偶然再会した二人は成功を収めていた。ただし、二人はかつてのような恋仲ではなかったが、お互いの夢を叶え、それはそれで良かったのではないか。(ストーリーの収まり方的にも)

音楽と映像が非常に素晴らしい。LAの美しい街並みと風景へミュージカルを加味して、夢の都にふさわしい夢のあるストーリーになった。

PS
ストーリーの収まり方が良いということは、こういうことだ。
ジャズピアニストと女優というそれぞれの夢を追う、かつ互いに離れたくないから世帯を共にする。所詮、この二つを両立させるのは無理なのだ。
かといって、結ばれて幸せな家庭を手に入れるが夢を諦めるのでは映画にならない。

「結ばれなかったけど、それぞれの夢をやっと手に入れた」そういう結論が、最終章五年後の冬なのだ。
そういう恋の結末もあり得るのだ。

『セッション』のデイミアン・チャゼル監督最新作 圧倒的音楽×ダンスで贈る極上のエンターテイメント!|映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト|2017年2月24日 全国随時ロードショー

情報源: 映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です