『哭声/コクソン』

映画「哭声/コクソン」を観る。この映画は、非常に怖い。

得体の知れないよそ者が来てから、平和な田舎の村(この村の名前もコクソンという。)で、残忍な殺人事件が頻発する。しかも、それらは、毒キノコか魔術かで正気を失った者たちが、身内を惨殺するという者だった。
この村の警官であるジョングは、山奥に住むよそ者の日本人(國村隼)が怪しいと調べ始めるが、既にその魔手はジョングの愛娘に及んでいた。
後半は、以下三人の三つ巴の戦いとなるが、結局真実は明らかにされない。この辺りは、作り手側が見るものの想像に結末を委ねたのであろう。

怪しいよそ者:山奥に独りで住み動物の生肉を貪り喰らい、自宅の秘密部屋には無数の殺人被害者の写真を飾る祭壇で行う儀式は何を意味するのか?
謎の白い服を着た若い女:怪事件の目撃者。怪しいよそ者の行動を監視し、事実を知っているようだが、こちらも正体不明の怪しい存在
祈祷師:単なる金儲けの俗物と思いきや、上記二人と対抗する怪しい男

ジョングは愛する娘を必死に守ろうとするが、最後は力尽きてしまう、悲しい父親を好演していた。

全般通して、まるで横溝正史の角川映画(ストーリー的に八つ墓村か?)を彷彿とさせるミステリーに、韓国の恐怖感テイスト(呪術的要素)が加わって、独特の恐怖感を楽しめる。
いやー、それにしても國村隼演じる得体の知れない日本人は怖い。

「チェイサー」「哀しき獣」ナ・ホンジン監督最新作『哭声/コクソン』公式サイトクァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ2017年3月11日(土)公開

情報源: 『哭声/コクソン』公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です