ドライブレコーダー KENWOOD KNA-DR300

運転中に、ハッとする時がある。もちろん、運転操作の面でも、周りの風景にも。
自分は、特に後者(車窓の風景)を誰かと共有したくて、ドライブレコーダーを取り付けてみた。
もちろん、何かあった時の証拠になるならそれに越した事はないが(そのような場面に、願わくば出くわしたくないが)、圧倒的に車窓の美しさを誰かに共有したい、そんな願いを込めて、遂にドライブレコーダーを取り付けた。

ドライブレコーダー自体は Amazonの評価を参考に選択した。
問題は取り付け工事である。バックミラー付近に取り付けて、シガーソケットから電源を取るのは理解できるが、願わくば配線が隠れていて、目障りにならない方が良いに決まっている。その工事をする自信がないので、外部のカー用品専門店(Yellow Hat)に頼んでみたら、快く受け付けてくれた。本当ならば、彼らの店で購入した物のみ取り付け工事をするかと思ったが、持ち込みOKであるという。取り付け工賃 ¥6,000-程で、ありがたい限りだ。

取り付けたドライブレコーダーはこれ。

評価は、Amazonの購入者レビューを見ていただくとして、自らの感想としては大いに満足している。

バックミラーの陰に隠れるほどの大きさで、大きさには満足できる。
DriveRecorder

未だ確認していないが、付属ソフトでルート確認できるようで、ますますドライブが楽しくなりそうだ。
サンプル画像はこれ。uploadできる動画サイズの制限で、サイズを 1900×1080から 400×222へ、フレームレートを 30fpsから 10fpsに落としている。本物はもっと画像が良い。

画面右下には、モデル名KNA-DR300, 日時と車速、GPS情報が表示される。
夜間の対向車のナンバーは、スピードを落とさないと確認できないようだ。
まあ、不満な点は今の所ない。

その後、いろいろ調べてみる。
エンジン起動で自動で録画開始され、エンジン停止で録画終了となる。
標準で 8GBの SDカードが付属してくるが、運転中の録画は 容量の関係で50分しか保存できず、上書きされる。
ファイルは約300MBで分割され、細切れなファイルが沢山出来ていた。
(訂正、後日調べてみると、3分単位でファイルが分割され、これのファイル単位が約300MBであると思われる。)

本体フロントに4つのボタンがあり、左から以下の割り当てになっている。
1. メニュー
2. 初期画面では割り当てなし、最初のボタン以降は割り当てあり
3. 写真、写真を撮ると後述の Photoフォルダーに保存される。
4. 緊急録画、未使用だが恐らくこのボタンを押した動画は、後述の Emergencyフォルダーに保存される。

SDカード内は、4つのフォルダーがあり、以下の通り
1. Normal : 通常動画はここに保存され、容量が足りなくなると上書きされる。
2. Photo : 上記、写真ボタンで静止画を撮るとここに保存され、上書きされない。
3. Emergency : 緊急時の動画は自動でここに保存され、上書きされない。
4. Park : 駐車場モードの動画はここに保存される。駐車場モードは、後日説明する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です