映画『ブラインド・マッサージ』

映画「ブラインド・マッサージ」を見る。
盲人だけで経営されるマッサージ医院が舞台だ。それぞれ、盲目であるハンディキャップを感じさせずに和気あいあいと仕事に励んでいるかのように見える。
しかし、性を中心に、色々な問題を抱えている。結婚を望んで見合いを繰り返すが反対ばかりする院長や、結婚を反対され駆け落ちしてきた院長の友人カップル等々。
主人公の小馬も転がり込んできたカップルの女に興味を抱き、性に目覚め始める。

光の世界に生きる健常者に引け目を感じ、闇の世界で葛藤を続ける彼らがどのように生きていくのか?

さて、今年の目標は、見た映画全てについて自分なりに感じたことをまとめ、記事を投稿することだった。
ところが、本作はこの目標を達成するには少々ハードルが高い。うまく感想がまとまらないのだ。面白くもないつまらない映画なら、その点を堂々と述べればよい。だが、本作はつかみどころがないのだ。面白いとか面白くないとかでなく、鑑賞直後はこの映画の伝えたいことがよくわかならなかった。
しかし、時間を置くことで少しずつ、感じたことがまとまり始めた。
当たり前に生活している自分が、光を失ったら彼らのようにたくましく生きていけるのか?
ましてや、生まれながらにして光を経験していない者たちも多数いる。
有しているものを失ってから、初めてそのありがたさを気づくのだろう。

2017年1月14日(土)より、アップリンク渋谷、新宿K’s cinemaほか全国順次公開 南京の盲人マッサージ院を舞台にロウ・イエ監督が描く、生きることの希望と絶望を凝視する衝撃作

情報源: 映画『ブラインド・マッサージ』公式サイト

「好き」を「お金」に帰る心理学

お金に関して、著者DaiGo氏が伝えたいこと

我々日本人の多くが、お金の本質を理解していないという。
誤解1 お金を使うことは悪いこと
確かに、無駄な浪費は良いことではないが、将来の自分に返ってくる投資こそがお金の目的だという。
お金はただ持っていてもただの紙切れ、それを上手に使ってこそ、お金の意味があるらしい。
確かに、将来のための投資と、必要最低限のものを求める消費、必要ないものまで求めてしまう浪費は、場合によっては区別が難しい。だからこそ、自分でしっかり判断する癖をつけなければならない。
誤解2 貯金こそが美徳?
お金は、上手に活かしてこそその価値が生きる。前述の通り、流れを止めたお金はただの紙くず
キャッシュ・フローを上手に回して、お金を活かす。
誤解3 お金は使ってしまうとなくなってしまう?
これは、消費浪費の場合を指している。将来の自分にリターンをもたらす投資は、失われるどころか価値を増大して返ってくる。

4段階のループでお金を上手に回していければ、それこそが最高の幸せではないか
Step0 自分が「本当に好きなこと」を見つける。
Step1 「好きなこと」を極めていく。
Step2 「好きなこと」を収入に結びつけていくための工夫をする。
Step3 「好きなこと」で得た収入を、更に投資していく。

第4章「スキルを磨く再投資7つのルール」は、全くその通りだと感心させられ、自身でも実践していきたい。
1. ものより経験を買う。
2. 価格より価値のあるものを買う。
3. 本を買って、知識を得る。
4. 自分より他人のために使う。
5. 任せるチームを作るために使う。
6. 手間を減らし、時間を買うために使う。
7. 「好きなこと」を掛け算で、より強力な武器にする。

詳細は、本書を読んでいただきたい。一読の価値あり。

AWS Lightsail

先週末、本サイトをさくらインターネットVPSから AWSに無事移行完了した。
この移行作業そのものについては、VaultPressのおかげで随分楽に完了できたが、その前段となるインフラ構築部分については AWSの EC2について一苦労した。また、現在も修行中である。それというのも、 EC2周りがサービスが多すぎて非常に複雑であるからである。多少慣れてくるとよく出来ているなと関心させられる部分もあるが、これをそれなりに極めるとなると少なからず知識と経験が必要とされる。

そんな中、AWSの VPS定額サービスが昨年12月からリリースされたという。
https://amazonlightsail.com/

従来のEC2と Lightsailと違いは、以下のサイトに詳しく説明されているため、そちらを参照いただきたい。
https://inaba-serverdesign.jp/blog/20161216/amazon_lightsail_ec2.html

現在、AWS一年間無料枠をありがたく利用させていただいているが、この無料枠終了後にどのくらい課金されるのか、びくびくしている身としては定額料金は、精神衛生上安心だし、ありがたい。

早速、お手軽に試してみる予定である。