「Book」カテゴリーアーカイブ

「好き」を「お金」に帰る心理学

お金に関して、著者DaiGo氏が伝えたいこと

我々日本人の多くが、お金の本質を理解していないという。
誤解1 お金を使うことは悪いこと
確かに、無駄な浪費は良いことではないが、将来の自分に返ってくる投資こそがお金の目的だという。
お金はただ持っていてもただの紙切れ、それを上手に使ってこそ、お金の意味があるらしい。
確かに、将来のための投資と、必要最低限のものを求める消費、必要ないものまで求めてしまう浪費は、場合によっては区別が難しい。だからこそ、自分でしっかり判断する癖をつけなければならない。
誤解2 貯金こそが美徳?
お金は、上手に活かしてこそその価値が生きる。前述の通り、流れを止めたお金はただの紙くず
キャッシュ・フローを上手に回して、お金を活かす。
誤解3 お金は使ってしまうとなくなってしまう?
これは、消費浪費の場合を指している。将来の自分にリターンをもたらす投資は、失われるどころか価値を増大して返ってくる。

4段階のループでお金を上手に回していければ、それこそが最高の幸せではないか
Step0 自分が「本当に好きなこと」を見つける。
Step1 「好きなこと」を極めていく。
Step2 「好きなこと」を収入に結びつけていくための工夫をする。
Step3 「好きなこと」で得た収入を、更に投資していく。

第4章「スキルを磨く再投資7つのルール」は、全くその通りだと感心させられ、自身でも実践していきたい。
1. ものより経験を買う。
2. 価格より価値のあるものを買う。
3. 本を買って、知識を得る。
4. 自分より他人のために使う。
5. 任せるチームを作るために使う。
6. 手間を減らし、時間を買うために使う。
7. 「好きなこと」を掛け算で、より強力な武器にする。

詳細は、本書を読んでいただきたい。一読の価値あり。

3000円投資生活

今年の4冊目、横山光昭著「3000円投資生活」

この本で学んだこと
1. ネット証券で、特定口座の源泉徴収なしで口座開設する。
2. 月々 3000円でバランス型投資信託を購入する。

今年はこれに賭けてみよう。
賭けるのでなく、コツコツ積み立てる感覚で。
点滴穿石(点滴、石を穿つ)、始めるに遅すぎることはない!

起業のためのお金の教科書

今年の4冊目は、大村大次郎著「起業のためのお金の教科書」
いつかきっと独立起業してサラリーマンなんて辞めてやる、そう思い続けて、ん十年、この手を本を読み漁っている。

この本で学んだこと。
1. 売上高 1000万円までは、まずは法人設立よりも個人事業主
2. 個人事業主で、青色申告を勧められても、最初のうちは白色申告
3. 消費税申告は、売上高1000万円までは不要
4. 事業資金は、公的融資を上手に使え
5. 何でも、経費で落として税金を低くする
6. 個人事業主でも、社会保険と健康保険はしっかり払っておく

などなど
他の本では、起業を成功に導くには、どのような方法でどのような取り組みでなどと精神論的なものが多すぎるが、本書はどちらかというと、お金に焦点を当てて実用的な情報が満載である。
まあ、起業の規模によってアプローチは全く異なるが、その辺りの条件分岐も明確にしてある。

しかし、まずは売上高1000万円を目指せ、ということか?
売上高1000万規模によって、アプローチは大きく異なってくる。